遊戯王カードを高額で売る方法

   

強制脱出装置の情報・買取価格等をピックアップ!


カードの高価買取ならトレトク

通常罠
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

「強制脱出装置」は2003年7月17日発売の暗黒の侵略者で登場しました。

フィールドのモンスター1体を対象に手札にバウンスを行う効果を持つ通常罠カードです。

登場時のレアリティはノーマルで、ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ-やSTARTER DECK(2017)などで再録されています。

●効果説明や使い方等

フリーチェーンで発動が可能なバウンスカードで、対象としたモンスター1体を手札にバウンスします。1対1効果を容易に行えるカードとなっており、シンクロやリンクモンスターを対象とすることでエクストラデッキへとバウンスすることが出来るため、汎用性の高い除去カードとして様々なデッキで活躍します。

1ターンに1度の発動回数の制限もないためフル投入しても事故要素となりにくく、自分のモンスターをバウンスして効果の再発動を行ったりと、除去手段以外にもサクリファイスエスケープなどに使用することが出来ます。

トークンを対象とした場合はそのまま消滅させることが出来るため、「冥府の使者カイエントークン」や「影武者狸トークン」といった高い攻撃力となりがちなトークンの除去手段としても有効です。

2枚以上のカードを使用して展開された最上級モンスターや儀式モンスター、エクシーズモンスターといったカードを対象に発動を行うことで展開を優位に運ぶことが可能となっており、単体除去性能だけを見ると非常に優秀なカードと言えます。一方で手札から容易に召喚・特殊召喚出来るモンスターに対しての効力は弱く、下級モンスターを対象に発動を行った場合再度召喚されてしまう恐れもあるため、対象とするモンスターに注意して発動を行うようにしましょう。

ペンデュラム召喚などの大量展開に対しては効果を発揮できませんが、リンクモンスターなどに対して効果的な除去カードとなっており、初心者から上級者まで扱いやすいカードとなっています。

●まとめ

イラストには「コザッキー」の「レベル変換実験室」で「ガガギゴ」の強化実験氏に失敗した後に、危険であると判断された「ギガ・ガガギゴ」が強制的に打ち出されている様子が描かれています。アニメGXではエックスが使用しており、十代戦において「N・グロー・モス」のバウンスを行いました。

一時期は汎用罠カードの代表格としてノーマルのものでさえ300円前後の価格で取引されていましたが、再販や需要と共に価格が落ち着きました。現在の価格はシークレットレアの物で1,500円前後、コレクターズレアの物で500円前後、その他のレアリティの物は50円前後となっています。

おすすめ買取業者ランキング

トレトク

全国どこからでも買取OK!
年間10000件以上の買取実績があります!

遊戯王カード専門の査定士が、一点一点丁寧に査定するから、安心して買取依頼が出せる!

Next One(ネクストワン)

遊戯王カード買取の専門店です!
ホームページでカードの買取価格をチェックできるから、納得できる値段だったら査定のお願いしてみてもOK!

買取価格を事前にチェックから気軽に確認して見て下さい。

箱に詰めて送るだけの遊戯王買取業者
遊戯王カード高額買取業者ランキング

 - ルールのまとめ