遊戯王カードを高額で売る方法

   

絶縁の落とし穴の情報・買取価格等をピックアップ!

カードの高価買取ならトレトク

通常罠
①:リンクモンスターがリンク召喚に成功した時に発動できる。フィールドのリンク状態ではないモンスターを全て破壊する。

「絶縁の落とし穴」は2017年4月15日発売のCODE OF THE DUELISTで登場しました。

リンクモンスターがリンク召喚に成功した時、フィールドのリンク状態ではないモンスターを全て破壊する効果を持つ通常罠カードです。

登場時のレアリティはシークレットレアとスーパーレアとなっています。

●効果説明や使い方等

対リンクモンスター専用の「落とし穴」通常罠カードで、リンクモンスターがリンク召喚に成功した時に、リンク状態でないモンスターを全て破壊する効果を持ちます。

リンク状態とはリンクマーカーの先にモンスターが存在している状態や、1つ以上のリンクマーカーがモンスターに向いている状態を指し、お互いのフィールドのリンク状態ではないモンスター全ての破壊を行います。

発動トリガーはリンクモンスターのリンク召喚成功時となっていますが、自分のリンクモンスターのリンク召喚にも対応しており、相手がリンク召喚を使用しないデッキであっても自分のリンクモンスターのリンク召喚をトリガーに相手モンスターの全体破壊を行うこといったプレイングも可能です。

その際に自身のリンクモンスターの破壊も行われてしまう場合もあるため、能動的に発動する場合は素材の数の少ない「リンク・スパイダー」などとの併用や、相互リンクとなるリンクモンスターの展開時での発動が推奨されます。

基本的にフィールド上にリンクモンスターが存在していない場合にリンク召喚されたモンスターは、自身に向くリンクマーカーが無いことからリンク状態とならないため、相手のリンク召喚をトリガーに発動を行う場合は1対1以上のカード交換が行いやすいカードとなります。

リンクモンスターが存在している状態で、相互リンクとなるリンクモンスターを特殊召喚されてしまった場合においては破壊が行えなくなるため、一般的なデッキにおいては「激流葬」などのモンスターの種類を問わない召喚反応型の通常罠カードの方が扱いやすくなっています。

リンクモンスターの採用や数が少ない現環境においては活躍の場面は少ないですが、今後登場する汎用性の高いリンクモンスターによっては強力なメタカードとなり、相互リンクを行いやすいデッキにおいても大きなアドバンテージを得ることが期待出来るカードとなります。

このカードや「爆導索」といった位置が重要となるカードの存在から、常に位置を警戒をしながらプレイングを行わなくてはならないため、リンクマーカーの位置やメインモンスターゾーンのモンスターの位置に注意しながらプレイングを行うようにしましょう。

●まとめ

イラストには「狡猾な落とし穴」に描かれているゴブリン2体が「落とし穴」から競い合いながら抜け出す様子が描かれており、カード名にもあるように2人の関係は完全に断たれたと考えられます。

現在の価格はシークレットレアの物で100円前後、スーパーレアの物で50円前後となっており、本格的にリンク召喚を行うデッキが大会などで活躍し始めた場合、値上りが予想されるカードとなっています。

おすすめ買取業者ランキング

トレトク

全国どこからでも買取OK!
年間10000件以上の買取実績があります!

遊戯王カード専門の査定士が、一点一点丁寧に査定するから、安心して買取依頼が出せる!

カード買取アローズ

遊戯王に限らずドラゴンボール、ポケモンカード、デュエルマスターズ等々、幅広いジャンルのトレカ買取をしてくれる宅配買取店です。

買取金額アップのキャンペーンも実施しているので遊戯王カードを高値で売りたい方におすすめのショップ

Next One(ネクストワン)

遊戯王カード買取の専門店です!
ホームページでカードの買取価格をチェックできるから、納得できる値段だったら査定のお願いしてみてもOK!

買取価格を事前にチェックから気軽に確認して見て下さい。

箱に詰めて送るだけの遊戯王買取業者
遊戯王カード高額買取業者ランキング

 - ルールのまとめ