遊戯王カードを高額で売る方法

   

運命の発掘の情報・買取価格等をピックアップ!

カードの高価買取ならトレトク

通常罠
(1):自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。(2):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分の墓地の「運命の発掘」の枚数分だけ、自分のデッキからドローする。

「運命の発掘」は2016年4月23日発売の劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場しました。

自分が戦闘ダメージを受けた時に1枚ドローを行う効果と、フィールドで相手によって破壊された場合、墓地の同名カードの枚数分だけドロー出来る効果を持つ通常罠カードです。

登場時のレアリティはKCウルトラレアで、現在再録はされていません。

●効果説明や使い方等

発動条件がやや限定的なカードで、ドローソースとなる効果を持っています。戦闘ダメージを受けた時に1枚のドローを行う効果を持っていますが、1枚のドローを行うだけであれば「強欲な瓶」や「八咫烏の骸」といったカードの方が使い勝手が良いため優先度はあまり高くありません。

その他にも墓地の同名カードの枚数分ドロー出来る効果を持っているため、基本的には複数枚のドローを狙ってアドバンテージを稼ぐプレイングが推奨されます。

複数枚のドローを行うためにはフィールド上に存在する場合に相手から破壊される必要があり、受動的な発動条件となることから確実性に欠けてしまうため安定したプレイングを行うことが出来ませんが、効果解決時の墓地の同名カードを参照するため、複数枚を同時に破壊された場合には驚異的な枚数のドローソースとなります。

「ハーピィの羽根帚」の制限復帰を受けて全体除去が行われやすくなり、「ツインツイスター」などの複数枚の魔法・罠カードを除去するカードの採用率も高いため、このカードを含めて複数枚の魔法・罠カードのセットしておくことで破壊を誘発することが出来ますが、結局のところ発動できるかどうかは相手依存となるため運要素の強いカードと言えます。

効果の性質上採用する場合はフル投入が推奨されますが、通常罠カードなので発動タイミングが遅く、相手からの破壊以外に使用する場合は戦闘ダメージを受ける必要があるため、扱いにくいカードとなっています。

●まとめ

劇場版遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONSにおいて遊戯が使用しています。守備表示の「岩石の番兵」の戦闘破壊時に、次元領域デュエルのルールにより戦闘ダメージを受けたことにより発動され、デッキから1枚のドローを行いました。

現在の価格は50円前後となっています。

おすすめ買取業者ランキング

トレトク

全国どこからでも買取OK!
年間10000件以上の買取実績があります!

遊戯王カード専門の査定士が、一点一点丁寧に査定するから、安心して買取依頼が出せる!

カード買取アローズ

遊戯王に限らずドラゴンボール、ポケモンカード、デュエルマスターズ等々、幅広いジャンルのトレカ買取をしてくれる宅配買取店です。

買取金額アップのキャンペーンも実施しているので遊戯王カードを高値で売りたい方におすすめのショップ

Next One(ネクストワン)

遊戯王カード買取の専門店です!
ホームページでカードの買取価格をチェックできるから、納得できる値段だったら査定のお願いしてみてもOK!

買取価格を事前にチェックから気軽に確認して見て下さい。

箱に詰めて送るだけの遊戯王買取業者
遊戯王カード高額買取業者ランキング

 - ルールのまとめ